のりファミリー歯科

CAD/CAM治療とは

CAD/CAM治療(トロフィーシステム)とはコンピュータ制御によって歯の修復物を設計・製作する治療です。

まず口腔内を撮影します。 3D光学カメラを使用して患歯を撮影(スキャン)します。
次に修復物を設計します。 コンピュータで3次元的な立体像を再構築します。咬み合う部分や形を 微調整し理想的な形にしていきます。
歯の形態は人それぞれですので、歯のふくらみや隣の歯との接触強さ、 接着剤の入る厚みなどもマウス操作一つで簡単に調整(編集)できます。
ミリングマシンが設計データをもとに加工し修復物が完成しましたら、 口腔内にセットして治療完了です。

※症例によっては従来の型取りを必要とする場合がございます。

治療によるメリットとデメリット

【メリット】

  • 見た目がきれいです。
  • 型どりがなく、患者様への負担が減ります
  • 歯に優しく、金属不使用なのでアレルギーの心配もなく安心です。
  • 小臼歯(しょうきゅうし)では保険が適応します。
  • 院内にミリングマシーンがあるので、治療期間が短くなります。
【デメリット】
  • 高品質のセラミックを使用してますが、強度が金属よりは劣ります。
  • 機械がブロックを削るので色が若干合わせにくいです。

お問い合わせは022-398-7244